東成区(大阪市)のカラーリスト/スパニスト/ポアリスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:カラーリスト/スパニスト/ポアリスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

大阪府大阪市東成区のエリア情報

東成区は大阪市を構成する24行政区のひとつで、1925年(大正15年)に大阪市の第二次地域拡張によって大阪市へ編入。旧住吉郡域を除く東成郡の残余で東成区を新設しています。その後、1932年(昭和7年)に旭区を分離。のち1943年(昭和18年)に城東区・生野区を分離しています。発足当初は現在の大阪市北東部の大半を管轄する広大な区でしたが、その後の2度の分区によって現在では「浪速区」に次いで面積の小さい区となりました。しかし、人口密度は「城東区」「西区」「阿倍野区」次いで4番目に高い区でもあります。
東成区の花は「パンジー・バラ」となっており、平成2年に鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」で各区において区の花が制定されてきました。そのなかで「東成区」では「パンジー・バラ」を区の花と定め、発表・制定されています。パンジーは、原産地はヨーロッパで別名「三色すみれ」と呼ばれており、鑑賞期間も長く手軽に栽培できるのが特徴です。バラは、非常に品種が多い花で、一年中を通して見られる花です。ヨーロッパ・アジアなどの北半球が原産になっています。

カラーリスト/スパニスト/ポアリストとは

カラーリストは「ヘアカラーを専門としている人」のことです。現在ヘアカラーの市場の規模が徐々に拡大してきており、注目を集めています。カラーリストの仕事は、主に「カウンセリング」「提案」「調合」「施術」「接客」の5通りで、特にカウンセリングと提案は顧客に相談したいところです。スパニストは、ヘッドスパをはじめとしたサービスを施す専門家です。はっきりとした定義はありませんし国家資格も必要ではありません。しかし基本的には「顔」を触る職業であることから、「美容師免許」を取得している方が望ましいとされています。「もみほぐし」「髪の修復」「つぼマッサージ」などを施術し、頭皮のメンテナンスをしていきます。中には「炭酸スパ」というものがあり、頭皮を高濃度の炭酸でメンテナンスします。毛根についた皮脂の汚れや、角質、染料の汚れなどを取り除きます。また、炭酸は皮膚を通り抜けて血管に入り込みます。よって血流の促進の効果が期待でき、水分、栄養素がより多く供給され、頭皮に栄養を与えていきます。ポアリストは、カウンセリングから施術までトータルに手掛けた仕事で、毛穴(ポア)の専門家です。顧客の肌の悩みを聞き取り、その人に合った施術をしていきます。毛穴コスメの使用方法の案内や販売、カウンセリングからトリートメント、専用マシンを使用した毛穴のトリートメントなどが挙げられます。特殊な吸着成分を使用した泡を顔にまんべんなく塗布し、クレンジングをしていきます。そして機材にもよりますが、1秒間に2万回の超音波振動で、毛穴の汚れを浮き上がらせ、特殊な吸引機で浮いた汚れを吸い取ります。そしてLEDをつかった特殊な光で肌をトリートメントし、最後はシートマスクを使ったハンドマッサージをしていきます。多くの人が悩む毛穴だからこそ働き甲斐のある職種と言えるでしょう。

ページトップ