佐伯市(大分)のリフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

大分県佐伯市のエリア情報

佐伯市は、大分県の南東部に位置する市で、佐伯藩の城下町として栄えた江戸時代から「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われており、豊富な海の幸と山の幸に恵まれた地域となっています。2005年(平成17年)に佐伯市と南海部郡5町3村が合併して誕生し、九州の市町村の中で最大の面積を持つことになりました。この市の読み方は、「さいき」であり、地名や人名で一般的に使用されている通常の仮名表記の「さえき」ではありません。
佐伯市には、佐伯湾に浮かぶ離島があり、名前を「大入島(おおにゅうじま)」といいます。佐伯市本土から北北東約700メートルに位置していて、周囲は約17キロメートル。面積は5.66平方キロメートルのひょうたん型の島です。島の一部は「日豊海岸国定公園」に指定されています。この島には「大入島トンド祭り」というものがあり、毎年1月に、神武東征(奈良盆地周辺を征服して天皇位についた天武天皇の一連の説話)の途中で大入島に立ち居寄った天武天皇を、航海の安全を祈り焚火で見送ったという説にちなんで、10メートルほどの高さの「トンド」と呼ばれるやぐらに火を点し、無病息災を祈願するまつりです。
佐伯市の駅は、JR九州日豊本線 浅海井駅・狩生駅・海崎駅・佐伯駅・上岡駅・直見駅・重岡駅・宗太郎駅です。

リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピストとは

リフレクソロジストは、主に足裏マッサージのことで、足裏の「反射区」というところを指などで刺激を与え、新陳代謝や血行を促す手助けをする仕事です。主な認定機構としては、「日本リフレクソロジスト認定機構」や、「日本ヒーリングリラクセーション協会」「国際ライセンスであるIEB」などがあります。これらの資格を取得することで就職しやすくなります。また、リフレクソロジストには国家資格は必要ありません。セラピストは、対話を用いて心身ともに様々な方法で癒す人たちのことを言います。美容以外では「療法士」「治療士」と呼ばれることもあります。名前の豊富さからもわかるように施術方法も様々で、大まかに分けても「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「リラクゼーションセラピスト」など様々です。アロマセラピストは、一般の人に対してアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を持っている人のことをいいます。精油の専門知識を身に着け、そのほかには解剖生理学や皮膚科学にかんする知識、トリートメントの技術や知識などを取得し施術することで心と体に安らぎを与える仕事です。

ページトップ