安芸郡府中町(広島)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

広島県安芸郡府中町のエリア情報

安芸郡府中町は広島県南西部にある町で、日本の町村の中では推計人口が一番多い町となっています。町内では、古墳時代後期の上岡田古墳が発掘され、平安時代から安芸国の中心として国庁や総社が町内に置かれていました。現在でも安芸国の三大神社のひとつ多家神社が置かれるなど、歴史あふれる町になっています。
安芸郡府中町は、大手自動車メーカーの本社が所在する企業城下町であるため、主要産業は自動車産業となっています。戦前は人口が10000人にも満たない小さな町でしたが、戦後、広島市のベッドタウンとして急速に宅地化が進み、人口が急増しました。昭和62年には人口50000人を突破し、単独市制条件を満たしており、市制施行が検討されていますが、時期などの具体的な計画はまだ未定です。
市内には、「多家神社(たけじんじゃ)」があり、ここは別名として埃宮(えのみや)とも呼ばれています。主祭神は神武天皇で、式内明神大社の後継神社として1873年(明治6年)に創祀されました。境内にある宝蔵は、中に神輿が納められています。これは旧稲荷社から移築されたもので、大正の火災を免れました。広島城関係の遺構としては現存する唯一のものであり、江戸時代初期の元和年間(17世紀前期)に建立されたものと言われています。
安芸郡府中町の駅は、JR西日本山陽本線 向洋駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ