笠置町/和束町/南山城村(京都)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

京都府相楽郡笠置町/和束町/南山城村のエリア情報

笠置町/和束町/南山城村は京都府相楽郡にある町村です。
「笠置町」は、全面積の8割が山林で占められている地で、町の中央を「木津川」が流れ、南側からは「布目川」「打滝川」が注ぎ、北からは「横川」が流れ沿岸に耕地が広がっています。
「和束町」は、「道の駅茶所 和束」がありましたが、現在は町内の茶農家が中心となって運営する和束茶カフェがあり、茶農家の直売所のお茶や、お茶を使った佃煮やスイーツを販売しながら町内の見どころ案内もしていて、情報発信や観光案内の拠点を担っています。
「南上南村」は、京都府唯一の村となっていて京都府では最東端且つ最南端の自治体です。村内に架かる「大河原橋」は全長95.3メートルで増水時に水没して隠れる「沈下橋」となっていて、別名「恋路橋」とも呼ばれています。
笠置町の駅は、JR関西本線 笠置駅です。南山城村では「宇治茶」を栽培していて、「宇治茶」は、「日本三大茶」と言われています。
南山城村の駅は、JR関西本線 月ケ瀬口駅・大河原駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ