東成区(大阪市)のリフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト(リラクゼーション) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト

該当企業は見つかりませんでした。

大阪府大阪市東成区のエリア情報

東成区は大阪市を構成する24行政区のひとつで、1925年(大正15年)に大阪市の第二次地域拡張によって大阪市へ編入。旧住吉郡域を除く東成郡の残余で東成区を新設しています。その後、1932年(昭和7年)に旭区を分離。のち1943年(昭和18年)に城東区・生野区を分離しています。発足当初は現在の大阪市北東部の大半を管轄する広大な区でしたが、その後の2度の分区によって現在では「浪速区」に次いで面積の小さい区となりました。しかし、人口密度は「城東区」「西区」「阿倍野区」次いで4番目に高い区でもあります。
東成区の花は「パンジー・バラ」となっており、平成2年に鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」で各区において区の花が制定されてきました。そのなかで「東成区」では「パンジー・バラ」を区の花と定め、発表・制定されています。パンジーは、原産地はヨーロッパで別名「三色すみれ」と呼ばれており、鑑賞期間も長く手軽に栽培できるのが特徴です。バラは、非常に品種が多い花で、一年中を通して見られる花です。ヨーロッパ・アジアなどの北半球が原産になっています。

リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピストとは

リフレクソロジストは、主に足裏マッサージのことで、足裏の「反射区」というところを指などで刺激を与え、新陳代謝や血行を促す手助けをする仕事です。主な認定機構としては、「日本リフレクソロジスト認定機構」や、「日本ヒーリングリラクセーション協会」「国際ライセンスであるIEB」などがあります。これらの資格を取得することで就職しやすくなります。また、リフレクソロジストには国家資格は必要ありません。セラピストは、対話を用いて心身ともに様々な方法で癒す人たちのことを言います。美容以外では「療法士」「治療士」と呼ばれることもあります。名前の豊富さからもわかるように施術方法も様々で、大まかに分けても「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「リラクゼーションセラピスト」など様々です。アロマセラピストは、一般の人に対してアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を持っている人のことをいいます。精油の専門知識を身に着け、そのほかには解剖生理学や皮膚科学にかんする知識、トリートメントの技術や知識などを取得し施術することで心と体に安らぎを与える仕事です。

ページトップ