佐伯市(大分)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

大分県佐伯市のエリア情報

佐伯市は、大分県の南東部に位置する市で、佐伯藩の城下町として栄えた江戸時代から「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われており、豊富な海の幸と山の幸に恵まれた地域となっています。2005年(平成17年)に佐伯市と南海部郡5町3村が合併して誕生し、九州の市町村の中で最大の面積を持つことになりました。この市の読み方は、「さいき」であり、地名や人名で一般的に使用されている通常の仮名表記の「さえき」ではありません。
佐伯市には、佐伯湾に浮かぶ離島があり、名前を「大入島(おおにゅうじま)」といいます。佐伯市本土から北北東約700メートルに位置していて、周囲は約17キロメートル。面積は5.66平方キロメートルのひょうたん型の島です。島の一部は「日豊海岸国定公園」に指定されています。この島には「大入島トンド祭り」というものがあり、毎年1月に、神武東征(奈良盆地周辺を征服して天皇位についた天武天皇の一連の説話)の途中で大入島に立ち居寄った天武天皇を、航海の安全を祈り焚火で見送ったという説にちなんで、10メートルほどの高さの「トンド」と呼ばれるやぐらに火を点し、無病息災を祈願するまつりです。
佐伯市の駅は、JR九州日豊本線 浅海井駅・狩生駅・海崎駅・佐伯駅・上岡駅・直見駅・重岡駅・宗太郎駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ