臼杵市(大分)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

大分県臼杵市のエリア情報

臼杵市は、大分県の東海岸に位置する市で、国宝の「臼杵大仏」や醤油の製造で有名です。近年では城下町の街並みも知られるようになってきました。この「臼杵石仏」は正式には「臼杵摩崖仏(うすきまがいぶつ)」と言われる「摩崖仏(自然の岩壁や露岩などを削り出してできた大仏)」で、1952年(昭和27年)に国の特別史跡に、1995年(平成7年)には摩崖仏として日本初、彫刻として九州初の国宝に指定されました。摩崖仏は4カ所に分かれて所在し、いずれも岩壁に彫刻されたもので、像表面には色彩が施されています。摩崖仏の作られた時期は史跡としてありませんが、作風から大部分の像は平安時代の末期のものと推測されています。先に述べたように摩崖仏の作られた時期や事情を表す資料は一切残っておらず、地元に伝わる伝説では、亡くなった娘の菩提を弔うために長者が彫らせたという伝説が残っています。そのときに「用明天皇」登場したことから6世紀後半と考えられるとされています。
臼杵市の駅は、JR九州日豊本線 佐志生駅・下ノ江駅・熊崎駅・上臼杵駅・臼杵駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ