三重郡川越町(三重)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

三重県三重郡川越町のエリア情報

三重郡川越町は、三重県三重郡に属している町で、三重県北部の北勢地域に分類されます。中部電力の川越発電所、伊勢湾岸自動車道のみえ川越インターチェンジを擁しています。三重県内では隣接する朝日町に次いで面積が小さい自治体となっています。川越町の面積の半分は、江戸時代に桑名藩だったころに新田開発によって開発された伊勢湾の干拓地です。町内の最高標高は5メートルになっています。鈴鹿山脈を上流とする朝明川と員弁川から流れ出た土砂によって形成された起伏の少ない沖積層地帯で、伊勢湾に面しています。
市内には、「川越電力館テラ46」があります。これは、元々中部電力の展示湿雪でしたが、2019年より川越火力発電所と共にJERAに継承された展示館です。1996年(平成8年)に開館し、施設のテーマは「人と地球の共生と未来」で、名称は公募され、地球誕生から46億年をあらわしています。ちなみに「テラ」はラテン語で「地球」の意味を表しているそうです。
三重郡川越町の駅は、近畿日本鉄道名古屋線 川越富洲原駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ