掛川市(静岡)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

静岡県掛川市のエリア情報

掛川市は、静岡県西部にある市で、江戸時代には掛川宿が東海道の主要宿場町となり、また掛川城を中心とした城下町でもありました。この地は高知市との交流関係が深く、それは安土桃山時代に山内一豊の城下町であったためと言われています。
農業が主要生産のひとつで、緑茶の栽培は全国屈指の栽培量を誇っています。合併で牧之原市が成立するまでは、荒茶の生産量日本一でした。また、緑茶を用いた土産物も多くあり、「全国お茶まつり」の「全国茶品評会」では掛川市は産地賞を受賞し続けていて、2007年現在で三連覇を成し遂げています。このように市内の緑茶に対する評価は非常に高いとされています。
郷土料理は、「いも汁」が挙げられます。自生した山芋をすりおりし、すり鉢でこねながら鯖のだし汁の味噌汁で伸ばし、これをご飯にかけて食べます。2000年代以降、B級グルメの一品として再評価がなされ再び注目を集めています。
掛川市の駅は、東海道新幹線 掛川駅、JR東海東海道本線 掛川駅、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 掛川市役所前駅・西掛川駅・桜木駅・いこいの広場駅・細谷駅・原谷駅・原田駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ