古河市(茨城)のリフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

茨城県古河市のエリア情報

古河市は、関東地方のほぼ中央、茨城県西端の県西地域にある市です。人口約14万人で県西地域最大の都市です。
関東大都市圏にあり、昭和30年代から工業立地が進み、近隣の町などから労働人口が流入し経済を潤しています。
また、御所沼、古河公方館跡があるなど、関東の小京都とも言われています。
1958年(昭和33年)に東北本線が電化されてから上野まで約1時間で結ばれることになったことから、東京のベッドタウンの役割が大きくなり、人口が増え、合併前には人口密度で県内1位となっていました。現在は県内5位になっています。
市内には「古河歴史博物館」があり、「古河城」の諏訪曲輪跡地に建てられている博物館で、文化財に指定された所蔵品などが展示されています。オランダ製のストリートオルガンや、350分の1スケールの精密な古河城下模型も展示されており当時の城下町の街並みとともに現在、城址がほとんど残されていない古河城の姿が再現されています。
古河市の駅は、JR東日本東北本線 古河駅です。

リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピストとは

リフレクソロジストは、主に足裏マッサージのことで、足裏の「反射区」というところを指などで刺激を与え、新陳代謝や血行を促す手助けをする仕事です。主な認定機構としては、「日本リフレクソロジスト認定機構」や、「日本ヒーリングリラクセーション協会」「国際ライセンスであるIEB」などがあります。これらの資格を取得することで就職しやすくなります。また、リフレクソロジストには国家資格は必要ありません。セラピストは、対話を用いて心身ともに様々な方法で癒す人たちのことを言います。美容以外では「療法士」「治療士」と呼ばれることもあります。名前の豊富さからもわかるように施術方法も様々で、大まかに分けても「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「リラクゼーションセラピスト」など様々です。アロマセラピストは、一般の人に対してアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を持っている人のことをいいます。精油の専門知識を身に着け、そのほかには解剖生理学や皮膚科学にかんする知識、トリートメントの技術や知識などを取得し施術することで心と体に安らぎを与える仕事です。

ページトップ