日立市(茨城)のカラーリスト/スパニスト/ポアリスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:カラーリスト/スパニスト/ポアリスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

茨城県日立市のエリア情報

日立市は、茨城県北東部の県北地域にある市で、総合電機メーカー「日立製作所」の創業の地として知られています。
日立市は、日立鉱山から発展した鉱業都市となっていて、戦後の一時期は人口が県庁所在地の水戸市を上回っていたことがありますが、近年は減少傾向にあり、最盛期には21万人を超えていた人口も、20万人を割り、現在はつくば市に抜かれ、県内3位となっています。市北西部の日立鉱山にには1914年(大正3年)に煙害対策として当時世界一の高さ155.7メートルの「大煙突」が建てられ、鉱業都市としてのシンボルとして長く親しまれました。この煙突は1993年(平成5年)に吹いた強風と老朽化の影響で倒壊し、現在は高さ54メートルとなっています。
市内には、「吉田正音楽記念館」があり、これは同市出身の作曲家「吉田正」に関する資料を展示する博物館です。ここには野外ステージや、スタジオ(映像シアター)などがあります、野外ステージは、イベントとして吉田正のヒット曲の演奏や楽器の体験を行えます。エイゾウシアターでは、吉田正のヒット曲の映像とともに午前10時から午後6時まで放送しています。その他にもミュージアムショップでは吉田正のグッズやCD、カセットなどを販売していたり、展望カフェなどがあります。
日立市の駅は、JR東日本常盤線 大甕駅・常陸多賀駅・日立駅・小木津駅・十王駅、日立電鉄日立電鉄線 大橋駅・茂宮駅・南高野駅・久慈浜駅・大甕駅・水木駅・大沼駅・河原子駅・桜川駅・鮎川駅です。

カラーリスト/スパニスト/ポアリストとは

カラーリストは「ヘアカラーを専門としている人」のことです。現在ヘアカラーの市場の規模が徐々に拡大してきており、注目を集めています。カラーリストの仕事は、主に「カウンセリング」「提案」「調合」「施術」「接客」の5通りで、特にカウンセリングと提案は顧客に相談したいところです。スパニストは、ヘッドスパをはじめとしたサービスを施す専門家です。はっきりとした定義はありませんし国家資格も必要ではありません。しかし基本的には「顔」を触る職業であることから、「美容師免許」を取得している方が望ましいとされています。「もみほぐし」「髪の修復」「つぼマッサージ」などを施術し、頭皮のメンテナンスをしていきます。中には「炭酸スパ」というものがあり、頭皮を高濃度の炭酸でメンテナンスします。毛根についた皮脂の汚れや、角質、染料の汚れなどを取り除きます。また、炭酸は皮膚を通り抜けて血管に入り込みます。よって血流の促進の効果が期待でき、水分、栄養素がより多く供給され、頭皮に栄養を与えていきます。ポアリストは、カウンセリングから施術までトータルに手掛けた仕事で、毛穴(ポア)の専門家です。顧客の肌の悩みを聞き取り、その人に合った施術をしていきます。毛穴コスメの使用方法の案内や販売、カウンセリングからトリートメント、専用マシンを使用した毛穴のトリートメントなどが挙げられます。特殊な吸着成分を使用した泡を顔にまんべんなく塗布し、クレンジングをしていきます。そして機材にもよりますが、1秒間に2万回の超音波振動で、毛穴の汚れを浮き上がらせ、特殊な吸引機で浮いた汚れを吸い取ります。そしてLEDをつかった特殊な光で肌をトリートメントし、最後はシートマスクを使ったハンドマッサージをしていきます。多くの人が悩む毛穴だからこそ働き甲斐のある職種と言えるでしょう。

ページトップ