川越市(埼玉)のリフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

埼玉県川越市のエリア情報

川越市は、埼玉県南西部に位置する人口約35万人の市で、人口は「さいたま市」「川口市」に次ぐ第3位となっています。
1965年(昭和40年)に「狭山市」とともに大規模な工場誘致を行い、当時日本一の面積であった「狭山工業団地」が完成しました。なおICに近い(川島IC)市内には、「川越第二産業団地」の整備も進められていて、埼玉県内では最大級の工業都市になっています。
江戸時代には「川越藩」の城下町として、「小江戸(江戸のように栄えた街)」としての別名を持っており、国から「歴史都市」に認定されています。戦災や震災を免れてきたため、歴史的な街並みが多数残っており、市内の観光名所には年間約732万人もの観光客が訪れる観光都市でもあります。「川越一番街」を中心とする旧市街地は、「グッドデザイン賞」の第1回「アーバンデザイン賞」を受賞していて、行政は1988年(昭和63年)に「都市景観条例」を制定し、「歴路事業」として舗道の石畳化と電線の地中埋設化を広範囲に広めました。今は、政令指定都市の「さいたま市」と共に景観法に基づく「景観行政団体」となっています。民間では、読売新聞が選出した日本の「平成百景」や「遊歩百選」、毎日新聞の「ヘリテージング100選」に選ばれています。

リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピストとは

リフレクソロジストは、主に足裏マッサージのことで、足裏の「反射区」というところを指などで刺激を与え、新陳代謝や血行を促す手助けをする仕事です。主な認定機構としては、「日本リフレクソロジスト認定機構」や、「日本ヒーリングリラクセーション協会」「国際ライセンスであるIEB」などがあります。これらの資格を取得することで就職しやすくなります。また、リフレクソロジストには国家資格は必要ありません。セラピストは、対話を用いて心身ともに様々な方法で癒す人たちのことを言います。美容以外では「療法士」「治療士」と呼ばれることもあります。名前の豊富さからもわかるように施術方法も様々で、大まかに分けても「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「リラクゼーションセラピスト」など様々です。アロマセラピストは、一般の人に対してアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を持っている人のことをいいます。精油の専門知識を身に着け、そのほかには解剖生理学や皮膚科学にかんする知識、トリートメントの技術や知識などを取得し施術することで心と体に安らぎを与える仕事です。

ページトップ