武蔵村山市(東京(23区以外))のカラーリスト/スパニスト/ポアリスト(リラクゼーション) 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 お仕事一覧

検索結果0
検索条件
店舗:カラーリスト/スパニスト/ポアリスト

該当求人情報は見つかりませんでした。

東京都武蔵村山市のエリア情報

武蔵村山市は、東京都の多摩地域北部に位置する市で、市北部を狭山丘陵が西から東へ続いています。南側は武蔵野台地の西のはずれにあたり平坦な土地が広がっています。古くからの機業地となっていて、江戸時代から昭和初期までは村山絣ろいう木綿の織物の一大産地でした。しかし他の産地との競争によって村山絣は衰退していきました。そのご伊勢崎などから新しい技術を取り入れ、絹織物に活路を見出し、村山大島紬というブランドを確立しています。農業においては、ミカンやナシ・リンゴ農園、酪農、茶畑があります。かつては多くの田んぼがあり、稲作を行っていましたが、現在は宅地化が進み数は少なくなっています。また、農園は武蔵村山市の中藤・神明などに点在していて、毎年収穫の時期には家族連れでミカン狩り等を楽しむ風景が見られています。
市内には、「陸軍少年飛行兵学校跡地」があり、ここは東京陸軍航空学校のひとつで、1943年(昭和18年)に従来の陸軍学校令が廃止されて陸軍少年兵学校として施行されました。採用者の最低年齢は14歳で、上限は満19歳までとなっていました。
市内の旧跡や名所としては、「大多羅法師の井戸」があります。これは、日本各地に伝わる巨人伝説のデイダラボッチにまつわる史跡で、デイダラボッチの足跡からわきでたとされる井戸で、日照りが続いても乾かなかったとされるところです。その他には「村山デエダラ祭り」があり、これは市内最大のイベントとなっていて、大手自動車工場の跡地を会場とし、農業さ産業祭を観光誘致の目的で改称し、且つ規模を拡大して執り行われています。
東京都武蔵村山市に駅はありません。

カラーリスト/スパニスト/ポアリストとは

カラーリストは「ヘアカラーを専門としている人」のことです。現在ヘアカラーの市場の規模が徐々に拡大してきており、注目を集めています。カラーリストの仕事は、主に「カウンセリング」「提案」「調合」「施術」「接客」の5通りで、特にカウンセリングと提案は顧客に相談したいところです。スパニストは、ヘッドスパをはじめとしたサービスを施す専門家です。はっきりとした定義はありませんし国家資格も必要ではありません。しかし基本的には「顔」を触る職業であることから、「美容師免許」を取得している方が望ましいとされています。「もみほぐし」「髪の修復」「つぼマッサージ」などを施術し、頭皮のメンテナンスをしていきます。中には「炭酸スパ」というものがあり、頭皮を高濃度の炭酸でメンテナンスします。毛根についた皮脂の汚れや、角質、染料の汚れなどを取り除きます。また、炭酸は皮膚を通り抜けて血管に入り込みます。よって血流の促進の効果が期待でき、水分、栄養素がより多く供給され、頭皮に栄養を与えていきます。ポアリストは、カウンセリングから施術までトータルに手掛けた仕事で、毛穴(ポア)の専門家です。顧客の肌の悩みを聞き取り、その人に合った施術をしていきます。毛穴コスメの使用方法の案内や販売、カウンセリングからトリートメント、専用マシンを使用した毛穴のトリートメントなどが挙げられます。特殊な吸着成分を使用した泡を顔にまんべんなく塗布し、クレンジングをしていきます。そして機材にもよりますが、1秒間に2万回の超音波振動で、毛穴の汚れを浮き上がらせ、特殊な吸引機で浮いた汚れを吸い取ります。そしてLEDをつかった特殊な光で肌をトリートメントし、最後はシートマスクを使ったハンドマッサージをしていきます。多くの人が悩む毛穴だからこそ働き甲斐のある職種と言えるでしょう。

ページトップ