古河市(茨城)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

茨城県古河市のエリア情報

古河市は、関東地方のほぼ中央、茨城県西端の県西地域にある市です。人口約14万人で県西地域最大の都市です。
関東大都市圏にあり、昭和30年代から工業立地が進み、近隣の町などから労働人口が流入し経済を潤しています。
また、御所沼、古河公方館跡があるなど、関東の小京都とも言われています。
1958年(昭和33年)に東北本線が電化されてから上野まで約1時間で結ばれることになったことから、東京のベッドタウンの役割が大きくなり、人口が増え、合併前には人口密度で県内1位となっていました。現在は県内5位になっています。
市内には「古河歴史博物館」があり、「古河城」の諏訪曲輪跡地に建てられている博物館で、文化財に指定された所蔵品などが展示されています。オランダ製のストリートオルガンや、350分の1スケールの精密な古河城下模型も展示されており当時の城下町の街並みとともに現在、城址がほとんど残されていない古河城の姿が再現されています。
古河市の駅は、JR東日本東北本線 古河駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ