川崎市麻生区(神奈川(横浜以外))のリフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト(リラクゼーション) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピスト

該当企業は見つかりませんでした。

神奈川県川崎市麻生区のエリア情報

川崎市麻生区は、川崎市を構成する7行政区のひとつで、川崎市の北西端に位置しており、多摩丘陵の一部を占めています。1982年(昭和57年)に多摩区から分区して設置されました。区の由来は、8世紀ごろに朝廷に「麻布」を献上していたとされており、「麻」が自生していたとされていることから名が付いたと言われています。
区南部には日本最古の甘柿の品種と言われている「禅寺丸柿」が発見された王禅寺地区があります。
観光スポットとしては、「弘法の松」があり、「弘法大師」がこの地に立ち寄って、松の木を植えて立ち去ったという伝説が残されています。現代は、初代松の木が消失され、代わりの松の木が植えられています。
また、「北原白秋」が訪れた「王禅寺」では、境内に日本最古の甘柿品種「禅寺丸柿」の原木が残っており、深い歴史を感じ取ることができます。
近年では、「昭和音楽大学」の誘致や、「KAWASAKIしんゆり映画祭」など川崎市の「芸術の街構想」の一環として力を入れています。
近年では宅地化が進み、「多摩ニュータウン」に隣接する黒川地区では、はるひ野として住宅地が設置されました。また「新百合ヶ丘駅」を中心として川崎市の北部副都心と位置づけ開発が行われ、1998年(平成10年)には都市景観100選に選ばれています。

リフレクソロジスト/セラピスト/アロマセラピストとは

リフレクソロジストは、主に足裏マッサージのことで、足裏の「反射区」というところを指などで刺激を与え、新陳代謝や血行を促す手助けをする仕事です。主な認定機構としては、「日本リフレクソロジスト認定機構」や、「日本ヒーリングリラクセーション協会」「国際ライセンスであるIEB」などがあります。これらの資格を取得することで就職しやすくなります。また、リフレクソロジストには国家資格は必要ありません。セラピストは、対話を用いて心身ともに様々な方法で癒す人たちのことを言います。美容以外では「療法士」「治療士」と呼ばれることもあります。名前の豊富さからもわかるように施術方法も様々で、大まかに分けても「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「リラクゼーションセラピスト」など様々です。アロマセラピストは、一般の人に対してアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を持っている人のことをいいます。精油の専門知識を身に着け、そのほかには解剖生理学や皮膚科学にかんする知識、トリートメントの技術や知識などを取得し施術することで心と体に安らぎを与える仕事です。

ページトップ