川越市(埼玉)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

埼玉県川越市のエリア情報

川越市は、埼玉県南西部に位置する人口約35万人の市で、人口は「さいたま市」「川口市」に次ぐ第3位となっています。
1965年(昭和40年)に「狭山市」とともに大規模な工場誘致を行い、当時日本一の面積であった「狭山工業団地」が完成しました。なおICに近い(川島IC)市内には、「川越第二産業団地」の整備も進められていて、埼玉県内では最大級の工業都市になっています。
江戸時代には「川越藩」の城下町として、「小江戸(江戸のように栄えた街)」としての別名を持っており、国から「歴史都市」に認定されています。戦災や震災を免れてきたため、歴史的な街並みが多数残っており、市内の観光名所には年間約732万人もの観光客が訪れる観光都市でもあります。「川越一番街」を中心とする旧市街地は、「グッドデザイン賞」の第1回「アーバンデザイン賞」を受賞していて、行政は1988年(昭和63年)に「都市景観条例」を制定し、「歴路事業」として舗道の石畳化と電線の地中埋設化を広範囲に広めました。今は、政令指定都市の「さいたま市」と共に景観法に基づく「景観行政団体」となっています。民間では、読売新聞が選出した日本の「平成百景」や「遊歩百選」、毎日新聞の「ヘリテージング100選」に選ばれています。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ