下野市(栃木)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

栃木県下野市のエリア情報

下野市は、栃木県南部に位置する人口約6万人の市です。関東大都市圏に属しています。
市内には「下野薬師寺跡(しもつけやくしじあと)」があり、これは古代寺院跡で、国の史跡に選定されています。鬼怒川の右岸に広がる広大な平野上に位置していて、奈良時代に正式に僧を認める「戒壇(戒律をさずける場所)」が設けられていることでも知られています。当時戒壇は奈良の東大寺、筑紫の観世音寺にしか設けておらず、これらは「三戒壇」と呼ばれていたそうです。下野薬師寺は衰退と復興を繰り返していて、現在は初期寺院跡の発掘調査が進んでいます。また、跡地には安岡寺が設けられ、下野薬師寺の法燈を現在に伝えています。
また、「甲塚古墳(かぶとづかこふん)」という古墳が国分寺にあり、形状は帆立貝型古墳となっていて、史跡指定はされていませんが、出土品は国の重要文化財に指定されています。
下野市の駅は、JR東日本東北本線 小金井駅・自治医大駅・石橋駅です。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ