横浜市保土ヶ谷区(横浜市)の美容師(美容室/ヘアサロン) 企業情報一覧|美容biz | 全国トップへ

Recruiting List
全国の美容 企業情報

検索結果0
検索条件
店舗:美容師

該当企業は見つかりませんでした。

横浜市横浜市保土ヶ谷区のエリア情報

保土ケ谷区は、横浜市を構成する18行政区のうちのひとつで、横浜市の中央付近にあり、多摩丘陵の南東の端にあたります。関東平野にありながら比較的起伏に富んでいます。
区名の由来は、窪地などのくぼんだ所という意味のある「ホト」のような谷という説など複数あります。また「保土ケ谷区」の表記について、小さい「ヶ」なのか大きな「ケ」なのかと区に問い合わせが多数寄せられ、「区の設置並びに区の事務所の位置、名称及び所管区域を定める条例」によって大きな「ケ」と表記し、区のホームページによると「保土ケ谷区のケは大きなケです」と宣伝しているそうです。
かつては、「日本硝子」「東洋電機製造」など大規模工場が多数存在しましたが2006年にはすべて移転しており、その地には大規模住宅が建設されています。
区内には、「保土ケ谷公園」があり、1949年に球場が完成して以来、はじめて都市公園のひとつ運動公園として整備され、1957年に完成したと言われています。園内には「シンフォニー広場」があり保土ケ谷公園全体のシンボルとして計画・設計されました。エントランスからの空間的一体感を持たせ、池と広場によって象徴的空間を形成しています。「シンフォニー広場」は保土ケ谷公園に新たな顔を創出するとともに多様な利用を可能とする広場づくりを目指したもので、人と人、緑と水等の交響曲(シンフォニー)を生み出しています。

美容師とは

美容師は、パーマネントウェーブや結髪、化粧などの方法によって容姿を美しくするサービス業のことをいいます。
日本においての美容師は、国家資格とされていて、「厚生労働大臣」の免許を受けた美容師でなければ美容を業としてはいけません。美容師になるためには「美容師国家試験」に合格する必要があります。また染毛(ヘアカラー)は美容師法第二条第一項にあたる行為であるために、美容師または理容師でなければおこなうことはできません。
歴史を紐解くと、1957年に女性客のために「理容師法から美容師法が独立」します。現在においても理容師法は「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として、カッティングを行うことは美容の範囲に含まれます。そのカットを含め、化粧・マニキュア・ヘアーエクステンションなどは女性のための業となっています。

ページトップ